学校あるあるニュース for GoogleHome & Alexa

#catch, bg=#d8edf2

「緊急ニュースです。3組のYくんが、先生に向かって『お母さん』と言ってしまったようです。」

学校あるあるニュースは、学校のあるあるをニュース形式でお届けするアプリです。いちどに二個までのニュースを聞くことができます。 あんなことあったなぁと、思い出して楽しんでください。

起動方法

次のウェイクワードで起動します。

「ねぇグーグル、学校あるあるニュース につないで
「アレクサ、学校あるあるニュースを有効にして」

注意事項

このアプリは娯楽目的のジョークアプリであり、実際のニュースを提供するものではありません。

アプリ制作

Director / Engineer
Toru Kobayashi (KANTETSU WORKS)
コンタクト

京都ガイド(β) for Alexa

京都のお店やお寺をいろいろ紹介してくれる(ようになる予定の)スキル。

日本語英語2言語に対応しているので、将来的には観光ガイドとして使えるようにしたい。

アプリ制作

岡本秀高

 

茶道ガイド for Alexa

茶道に関するTipsや、今月の花について紹介するスキル。
用語について質問すると、その内容についても説明してもらえる。

方向性としては、茶道・お茶を家でやる時のアシスタントになることをめざしています。

アプリ制作

岡本秀高

ボイスカンフー for Google Home / Alexa

#catch, bg=#35a2d0

世界初!スマートスピーカーで遊べる「対戦型・RPG格闘ゲーム」。あなたはその声で、最強の敵を倒すことができるか?

あなたは、中国四千年の歴史をもつ武術の継承者

あなたは、中国四千年の歴史を持つ武術「ボイスカンフー」の継承者に選ばれました。最高師範「ジャッキー・リー」の指導のもと、あなたは、なみいる強豪を倒し、立派な戦士になれるのか?そして最後に立ちはだかる最強の敵とは?

起動方法

次のウェイクワードで起動します。

「ねぇグーグル、ボイスカンフーにつないで
「アレクサ、ボイスカンフーを有効にして」

4つのコマンドを駆使して戦え

ボイスカンフーは、音声で遊べる格闘ゲームです。あなたは、「パンチ」「キック」「守る」「投げる」の4つのコマンドを駆使して、対戦相手と勝負します。

4つのコマンドは、それぞれ、

  • 「パンチ or キック」は「守る」に弱い
  • 「守る」は「投げる」に弱い
  • 「投げる」は「パンチ or キック」に弱い

という「ジャンケン」のような三すくみ関係となっています。

もし相手が「パンチとキック」で攻撃してきたら、「守る」を選びましょう。守ればダメージを受けません。相手が守っていたら、その時は接近戦、つまり、「投げる」を選びます。逆に、相手が投げるを選んでいたら、その時は、「パンチとキック」で応戦しましょう。

強い相手になると、フェイントをしてきたり、複数コマンドを仕掛けてきますので、なんども戦って慣れましょう。特に相手が集中しているときは要注意です。

経験値をためて「技」をレベルアップせよ

勝負に勝って「経験値」をためましょう。経験値がたまるとレベルアップし、新しい階級に昇級できます。階級は「見習い」「三級」から「最高段位七段・名人」まであります。それぞれの階級で使える「技」が異なりますので、どんどん習得して、強くなりましょう。

階級進行:見習い → 三級 → 二級 → 一級 → 初段 → 二段 → 三段 → 四段 → 五段・匠 → 六段・達人 → 最高段位七段・名人 → ?

擬似対戦システムだから寂しくない

ゲームを中断しても、あなたの分身は、自動的に他のプレイヤーと対戦を行います。分身が勝負に勝ったり、感謝の言葉をもらうと経験値がたまるので、知らず知らずのうちにレベルアップしてるかも。その成長を毎日チェックしましょう。強いだけではだめです。戦ってくれた分身には必ず感謝の言葉をかける、そんな心優しい戦士をめざしましょう。

最後に立ちはだかる敵とは?

最後には「最強の敵」が待っています。普通に戦っていては勝てません。「頭」を使ってクリアしてくださいね!

Twitterアカウント

このゲームはTwitterで実況中継しています。最新情報は @voiceapplab で流していますのでフォローどうぞ。

アプリ制作

Director / Engineer
Toru Kobayashi (KANTETSU WORKS)
コンタクト

どっちでショー for Google Home / Alexa

#catch, bg=#57bdb7

どっちでショーとは?

Q:カレーに入れたいのは、福神漬け?それともラッキョウ?

何気ない「あるあるな質問」に答えるだけで、あなたが、世の中的に「多数派」なのか、「少数派」なのかを、厳しくチェックできるゲーム、それが「どっちでショー」です。

テンポの良いBGMにのって、まるでTV番組に参加しているように遊ぶことができます。ひとりでももちろん、大人数でも楽しめます。多数派なのか、少数派なのか、家族や友達、恋人と一緒にチェックしてみましょう。

問題と回答について

問題数は現在100問です。随時追加しますのでお楽しみに。また、回答のパーセンテージはユーザーの回答数によって日々変わっていきます。数日後には異なる結果になる可能性もありますので、何度もチェックしてみましょう。

遊びかた

次のウェイクワードで起動します。(Alexaの場合は、その前にスマホのAlexaアプリで「どっちでショー」を有効にしてください。)

「ねぇグーグル、どっちでショーと話す」
「アレクサ、どっちでショーを開いて」

あとはMCアナウンサーの指示にしたがって、ゲームを進めてください。

人数別の遊びかた

A. 1人でどっちでショー
あなたは多数派なのか、少数派なのか、ひたすらチェックしていきます。あなたの意外な一面を発見しましょう。

B. みんなでどっちでショー
2人以上、何人でもプレイできます。参加者は、スマートスピーカーの周りを囲んですわります。時計回りで答えていきましょう。回答者の答えが意外なときは、驚いたり、突っ込んだり、理由を聞いたりして、ゲームを盛り上げましょう。

開発後記

今回のチャレンジ = TV番組風コンテンツ

今回のチャレンジは、「TV番組風のコンテンツづくり」です。
MCのアナウンサーを中心に、どこかで見たTV番組のような空気感のゲームを作ってみました。

「手がかりが音だけ」という音声ゲームの特性は、作り手としてはシンプルなのですが、いざユーザーになってみると、アシスタントの単調な読み上げだけのつまらないものになりがちです。

スマホゲームのような「没入感」を音だけでどのように生み出すかは、今後各クリエイターが研究を進めていく分野と思いますが、「TV番組的」というのは一つの解答になりうる気がしました。

MCが番組を切り盛りし、テンポ良い音楽でコーナーを進める。そして各所で女子アナがサポート。この場合女子アナを音声アシスタントが担当するわけですが笑、クイズ番組で見かけるこのような構成は、聞く人に安心感をあたえ、期待感を生み出す効果がありそうです。

これが音声アプリのいち形式として確立すると、とても面白いですね。アプリ自体を「番組」と見立てると、開発のやりかたもずいぶん変わってきそうな気がします。

現時点のデバイス流通量では夢物語にすぎませんが、、いずれ一家に一台となれば、お茶の間でTV番組を脅かす存在になれるのではないかと、わりと真剣に思ったりしています。

アプリ制作

Director / Engineer
Toru Kobayashi (KANTETSU WORKS)
コンタクト

ヨシオくん 危機一髪! for Google Home / Alexa

#catch, bg=#a5abcf

ヨシオくん 危機一髪!とは?

ヨシオくん 危機一髪!は、シンプルなロシアンルーレットゲームです。

ひょんなことから、ロシアンルーレットを無理強いされたヨシオくん。リボルバーには1発の銃弾。チャンスは5回です。あなたは、サディステックなアシスタントさんに屈することなく、5連続セーフでヨシオくんを助け出すことができるか!?

遊びかた

次のウェイクワードで起動します。(Alexaの場合は、その前にスマホのAlexaアプリで「ヨシオくん 危機一髪!」を有効にしてください。)

「ねぇグーグル、ヨシオくん危機一髪と話す」
「アレクサ、ヨシオくん危機一髪をスタートして」

あとはヨシオくんを救うべく、勘を働かせて5連続セーフを目指してください。迷ったら、アシスタントさんに「3番ですか?」などと質問すると、ヒントがもらえるかもしれませんよ。

1〜3人で遊ぶことができます。下記を参考にプレイしてみてください。

■ A)ノーマルゲーム
連続セーフを目指します。2、3人でやるときは、交互に答えて先にアウトだった人が負け。クリアの場合は引き分けです。

■ B)推理ゲーム
基本的にAと同じですが、「3番ですか?」などと、ヒントを聞いても良いことにします。ヒントも1ターンとし、「ノーコメント」と言われても、次の人の番となります。

■ C)サディスティックゲーム
Aの逆バージョンです。先にアウトした人が勝ちです。

開発後記

今回のチャレンジ = 音声キャラクター

音声コンテンツって、どうしてもアシスタントの一方的な読み上げになってしまいがちですよね。特に日本語のアシスタントは英語よりも抑揚がなく、単調なので、聞いてて飽きやすい気がします。

単調さをなくすのに手っ取り早いのは、音楽を入れることです。経験上、ジングルのような短い音楽を入れるだけでも随分解消されると思います。ですが、長めのコンテンツの場合はそれでもダメで。そんなときは、第三者キャラクター投入による「会話劇」形式が有効ではないかと思っていました。

「会話劇」形式にするとユーザーは「目撃者」になる

会話劇形式して何がよいかといえば、それは「事件」を発生させることができる、という点です。アシスタントとユーザーだけの二者対話では、事件は起きません。ただの説明があるだけです。ですが、一人キャラクターを追加することで、ユーザーは二人の会話の「目撃者」になることができます。ここが音声コンテンツのキーポイントかな、と思っています。

もともとデバイスのアシスタントをいじってやりたかったのですよね。お馴染みのあのアシスタントに「裏の顔」があるという設定は面白そう。せっかくなのでイメージを崩したい。そんな流れで、「サディスティックなアシスタント VS ヘタレ男子」という構図になり、生まれたのが「ヨシオくん」だったというわけです。

すでにキャラクターを持って入れば、それを展開すれば良いのかもしれませんが、あいにくそんなビジネスルートを持ち合わせておりませんので、オリジナルでいくしかありません。でも「音声デバイスの黎明期」という今だからこそ、逆にチャンスではないかと思います。ゼロからの音声キャラとしてスタートすることで、音声デバイスといえばアイツ、と思い出してもらえるようなポジションを狙うのはチャレンジングで楽しそうです。

ま、そこまで行けるかはわかりませんが、、ヨシオくんの続編もさっき思いつきましたので、また後日リリースしたいと思います。

アプリ制作

Director / Engineer
Toru Kobayashi (KANTETSU WORKS)
コンタクト

愛犬マックス for Google Home / Alexa

#catch, bg=#eddfd8

愛犬マックスとは?

マックスはあなたの愛犬です。あなたの言葉に反応して、甘えたり、興奮したり、ときには吠えたりします。お手やおすわりなど、上手にしつけてみましょう。近くに怪しい人がいたら「吠えろ」言ってください。頼もしい番犬になってくれます。吠えると喉がかわくので、時々お水をあげてくださいね。

どうやって使うの?

次のウェイクワードで起動します。(Alexaの場合は、その前にスマホのAlexaアプリで「愛犬マックス」を有効にしてください。)

「ねぇグーグル、愛犬マックスと話す」
「アレクサ、愛犬マックスをスタートして」

すると説明の後、犬の鼻息が聞こえてきます。そう、マックスです。

マックスは気分屋ですので、なかなか懐いてくれないかもしれません。そんな時はこんなワードを使ってみましょう。

  1. 「お手」「おすわり」「ふせ」 ー うまく伝わると甘えてくれます。
  2. 「吠えろ」 ー 激しく吠えます。家の近くに不審者がいる時など?にお使いください。
  3. 「お水どうぞ」 ー 吠えると喉が乾きます。定期的にお水をあげてください。

マンションなどで犬を飼えない方などは、このアプリで愛犬気分を味わってください。

発見したこと

音声リアクション系のアプリは作るのはとっても簡単なので、エンジニアの仕事的には評価されないのですが、アクセスをみると一般的には好まれる傾向があるようです。「なりきり独裁者」も同様のアプリですが、星評価も高く、起動回数も多いので、このあたりが「リビングにあるデバイスの特徴」なのかなぁと感じました。

このタイプのアプリにある「音ひとつでイメージが広がる」という要素が魅力なのかもしれません。やっぱりデバイスに話しかけたら、何か魔法が起こって欲しいですもんね。

アプリ制作

Director / Engineer
Toru Kobayashi (KANTETSU WORKS)
コンタクト

今日のわたし for Google home / Alexa

「今日のわたし」で、今日のあなたの「イケてる度」を判定しよう

あなたのお持ちのGoogle home/Amazon Echoで「今日のわたし」を呼び出してください。

「今日のわたし」は、毎日あなたの運勢を占う「謎の人工システム」です。

「今日のわたし」を呼び出すと、今日のあなたの運勢を試すために、「あなたが今この瞬間的にひらめいた単語」を要求します。

あなたは、その瞬間に思い浮かんだモノやひらめいた単語をすぐに「今日のわたし」に伝えてください。

「瞬間インスピレーション」からその日のあなたの「イケてる度」を判定します。
イケてる度は、1〜100の数値ポイント(イケポと呼びます)で判定します。
(1が最低、100が最高です。)

その日のイケてる度を判定するものですので、当日中は同じ単語を何回言ってもイケてる度は変化しません。
違う単語を言うとイケてる度は変わりますが、瞬間インスピレーション的には2回目以降はあまり意味がありません。

本日のあなたのイケてる度を確認して、楽しんでみましょう!

「今日のわたし」の呼び出し方

・Google home

「OK,Google 今日のわたしと話す」
「OK,Google 今日のわたしにつないで」
「OK,Google 今日のわたしを開いて」

・Amazon Echo(Alexa)

「アレクサ、今日のわたしを開いて」

今日のあなたの「イケぽ」は何点でしょうか。

アプリ制作
Daisuke Ikeda
Twitter:@ohayou_ikechan
WEB:https://saikoro-house.com